カルチャーセンター・習い事教室の現在!業界の景気はどう?

カルチャー
ぺーちゃん
ぺーちゃん

今現在、カルチャーセンターや習い事教室業界の景気はどうなっているんだろう?コロナ禍を迎えた今、カルチャーセンター業界は今後どうなっていくのでしょうか。

本記事では、カルチャーセンター・習い事教室業界の景気についてデータに基づいて解説していきます!

カルチャーセンター・習い事教室業界の景気は?

カルチャーセンターは景気がいいの?それとも悪いの?

結論から言うと、カルチャーセンター・習い事教室業界の景気は悪くなっています。

日本生産性本部が発行している「レジャー白書2021」によると、 2020年の学習レジャーサービス市場の市場規模は全分野で減少しています。市場規模で大きいものから言うと、

となっています。

市場規模自体は大きなものですが、各分野において大きく減少をしていることが分かります。

参考:音楽教室・カルチャーセンターの市場動向

大手カルチャーセンターも売上高が4割程度減少!

続いて、日本経済新聞社がまとめた「サービス業調査」(2020年8月~2021年7月までのデータ)からカルチャーセンター主要6社の売上高について見ていきましょう。

売上高
ランキング
カルチャーセンター名売上高前年比
1位カルチャーセンター
(株式会社カルチャー)
40億9,300万円38.5%減
2位NHK文化センター
(NHKカルチャー)
32億5,900万円46.1%減
3位セブンカルチャーネットワーク20億2,400万円41.3%減
4位朝日カルチャーセンター19億5,600万円37.5%減
5位JEUGIAカルチャーセンター
(株式会社十字屋)
17億7,000万円33.2%減
6位よみうりカルチャー
(読売・日本テレビ文化センター)
16億9,400万円42.0%減
カルチャーセンター主要6社売上高ランキング

主要6社とも10億以上の売上高を記録している大手ではありますが、

コロナ禍による休講・受講者の減少により、33%~46%程度という大幅な売上減少になっています。

これに対する対策として、講座やセミナーのオンライン化へと踏み出したものの、減少に歯止めをかけられていない状況です。

カルチャーセンター・習い事教室業界はとても厳しい状況を強いられていると言えるでしょう。

参考 :音楽教室・カルチャーセンターの競合状況

業界第1位のカルチャーセンターについて知りたい方はこちら

カルチャーセンター・習い事教室業界の倒産はひどい?

こんなに景気が悪いと、…もしかして倒産件数増えてたりする?

ここまで、カルチャーセンター・習い事教室業界の市場規模・売上高が大幅に縮小していることを見てきました。こうなると気になってくるのが、業界での倒産状況です。

東京商工リサーチの2020年度「習い事教室の倒産動向」調査によると、2020年度カルチャースクール・習い事教室業界の倒産件数は41件です。

件数としては少なく感じますが、2001年度以降の20年間で年度最多を記録した2019年度とほぼ同数です。やはりコロナの影響も大きく、2018年が41件、2019年に43件、2020年に41件と3年連続で40件超えを記録しました。

この調査は、残り1ヶ月を残して集計しているため、おそらく2020年度は2019年度を超えたのではないかと推定されます。(※データ未発表)

また、倒産理由として一番多かったのが「販売不振」(37件)でした。前年同期比15.6%増で、全倒産に占める割合は90.2%に及びます。

カルチャーセンター・習い事教室の業種別倒産状況

 カルチャーセンター・習い事教室の倒産件数が多くなっていることはわかりましたが、業種別ではどうなっているのでしょうか。

業種増加率倒産件数推移
スポーツ・健康教授業
(パーソナルジムなど)
133.3%増6→14件
(年度最多)
音楽教授業75.0%増4→7件
(年度最多)
書道教授業-0→2件
倒産件数が増加した業種

女性に人気のあるフィットネスなどの「スポーツ・健康教授業」や、習い事でトップクラスの人気を誇る「音楽教授業」での倒産件数の多さが目立ち、ともに倒産件数が1位・2位を記録してしまいました。

業種減少率倒産件数推移
外国語会話教授業72.7%減11→3件
その他の教養・
技能教授業
25.0%減20→15件
倒産件数が減少した業種

 一方で、倒産件数が減少した業種も存在しました。英会話などの「外国語会話教授業」や、「その他の教養・技能教授業」では倒産件数が減少しています。

英会話を中心に外国語の人気が分かるデータでしょう。しかし、「その他の教養・技能教授業」に関してはいまだ15件倒産しており、倒産件数が増加した「スポーツ・健康教授業」よりも1件多い倒産件数になっています。

カルチャーセンター・習い事教室業界全体の不況は変わりません。

参考:2020年度「習い事教室の倒産動向」調査

そもそもカルチャーセンターとは何かが気になる方はこちら

カルチャーセンター・習い事教室業界は不況!しかし、英会話は絶好調

いかがだったでしょうか。

カルチャーセンター・習い事教室業界はコロナの影響をもろに受けた業界で、この2~3年間とても景気が悪いということが分かりました。

業種別でも同様で、ほぼすべての業種が不景気ですが、英会話などの「外国語会話教授業」のみ倒産件数が大幅に減少しています。最近の英会話レッスンの人気ぶりを見ると、これもうなずける結果ですね。

カルチャーセンター・習い事教室業界は不景気であるとは言えますが、オンライン講座などができるようなシステムは徐々に整えられてきています。そのようなシステムを使って、この不景気を乗り切れることを祈ります。

コメント